Logo

【自治体様向け】
新型コロナの影響で、働き方改革の目的とゴールが
どう変わり、何を達成しなければいけないのか?
知らないと大失敗する「働き方改革の超実践セミナー」
※無料

【本セミナーでお伝えすること】
①コロナ禍における働き方改革
②現場の職員が自ら実行できる施策アイデア
③働き方改革の指標設定/効果測定の方法

【セミナー概要】
働き方改革の推進が叫ばれる中、各自治体様におかれましてもその企画実行にエネルギーを注いでいることと思います。

おそらく業務効率化などについては数年前から課題に挙がっており各部署で対処をされていらっしゃるのではないでしょうか。



・ワークライフバランスなどの普及啓発

・産休育休取得の推進

・女性が活躍できる土壌づくり

・勤務実態の把握と残業時間の削減

・有給/年休の取得促進

・在宅ワーク/テレワークの整備

など



検討しなければいけないテーマは様々かと存じます。

そのような中で、我々がお手伝いしている自治体様からは、



「若い職員は歓迎ムードである一方でベテラン職員からは「関係ない」という反応が出ている」

「上から降ってきた仕事をこなすので精一杯でそこまで着手できていない」

「コロナ対応で人数を割かれており、各メンバーに負荷がかかっている。」




といったお声も頂戴しております。



  

コロナ対応で業務量は増えた自治体様がほとんどかと思います。

テレワークを推進しようとしても職種柄できない職員様もいらっしゃるかと思います。

今後も以前のような働き方でよいのか?

いかに組織全体を巻き込んで働き方改革を進めていくか。



本セミナーではこの議題に切り込んでまいります。



①コロナ禍における働き方改革
②現場の職員が自ら実行できる施策アイデア
③働き方改革の指標設定/効果測定の方法


これらテーマにご興味がある人事系ご担当者様、管理職様は奮ってご参加ください。


【プログラム】


 日時  内容
 15:00 ~ 16:00
①コロナ禍における働き方改革

②現場の職員が自ら実行できる施策アイデア

③働き方改革の指標設定/効果測定の方法



【講師情報】



 
 株式会社プロスタンダード
 代表取締役社長
 若林 雅樹(ワカバヤシ マサキ)

株式会社インテリジェンスに入社し、一貫して人事を経験。全社5,000人の生産性向上プロジェクトを任され、残業時間は半分近くまで削減しつつ、従業員ひとりあたりの売上、利益は向上。

会社設立後は、前職での生産性向上プロジェクトの経験から、「働き方改革を阻む9つの壁」を提唱し、それらを乗り越える「ナインウォールズメソッド」を確立。数百億~1兆円超えの企業をクライアントとして持ち、再現性のあるメソッドで顧客の生産性向上の支援をしている。顧客の生産性は平均1.3倍向上している。今までのセミナー参加者は1,000名を超え、研修受講者は8,000人にのぼる。

著書は「メールはすぐに返信するな。」KADOKAWA)。また、月刊人事マネジメントにて「全社的な生産性・ワークライフバランス向上活動を“泥臭く”継続・徹底して、大きな成果をあげる方策」を連載。


【基本情報(詳細表示)】



 開催日時
 2020/08/25(火) 15:00 ~ 16:00

 会場
 WEBでの開催となります。

 受講費
 無料

 定員
 10名

 参加申込期限
 2020/08/24(月) 18:00

 申込後のキャンセル期限  
 2020/08/24(月) 18:00

 受講対象
 働き方改革のご担当者・責任者様

 主催者
 株式会社プロスタンダード

 セミナーに関するお問合せ先
 TEL 03-6712-8474


【開催者情報】


会社名:株式会社プロスタンダード
所在地:〒1050014 東京都港区芝3-31-5 福田ビル3F
事業内容:働き方改革の現場自走支援、人材育成・研修
代表者名:若林 雅樹

お問合せ先:03-6712-8474
URL:http://www.prostandard.co.jp

【お申込み】


お客様に入力して頂いた氏名・住所・電話番号・E-mailアドレス等の個人情報は今後、弊社もしくは関係会社において、弊社が出展または主催する展示会・セミナーのご案内、弊社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び弊社営業部門からのご連絡などを目的として利用させて頂きます。弊社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者に提供することはありません。