月刊食堂編集長 通山氏ご登壇
【月刊食堂編集長、外食経営の最新潮流を語る!】


toyamaseminar.png

・競合激化、原価高騰、労働人口減少・人材採用難など外食業界の悩みが深まる中・・・
今回のセミナーテーマは【月刊食堂編集長、外食経営の最新潮流を語る!】です!!


■月刊食堂11月号”人材難 4つの不足”の発売にあたり、外食経営の最新潮流を月刊食堂編集長の通山氏に講演頂きます。

・行き過ぎた外食デフレは業界の空洞化を招く・・・価格引き上げの根拠は粗利×0.4=働く人の給与
・メニュー設計、単品FL管理でキッチンの生産性を見直せ!
・外食企業の評価制度項目自体が間違っている。店長に「何を求めるのか」にフォーカスすべし。

など独自の観点に対して、具体的事例を引き出しつつ、当社の外食統括コンサルタントとの対談によりポイントを整理します。



●こんなお悩みをお持ちの方にお勧めです!

・外食企業の経営の在り方・業態戦略で悩んでいる
・戦略は固まっているが、どのような仕組み・システムで落とし込むべきか迷っている
・人材難時代の中で、採用コストもかさみ、収益改善に悩んでいる
・企業として改善策を考えようとしているが、成功事例や情報・ヒントが少ない



■講師紹介

通山茂之(とおりやましげゆき)

1998年株式会社柴田書店入社、広告部配属。
2002年「月刊食堂」編集部に異動、2005年に同誌副編集長、
2010年7月に「居酒屋」編集長就任、2011年7月に月刊食堂編集長就任。

柴田書店入社以降、国内外の外食繁盛店の取材を数多く重ね、
その豊富なデータと経験をもとにした情報発信・セミナーには定評がある。
TV出演など、メディア露出多数。


ファシリテーター
相崎哲史(あいざきてつし)

2008年5月株式会社MS&Consulting独立創業メンバー。
外食グループを統括した後、現在は副本部長として外食、流通・サービス業で数多くの支援を担当。
主に、顧客満足度・従業員満足度を切り口に戦略立案・組織風土改善を中心とした活動に従事。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日程
10月29日(火)14:45開場 15:00開始~17:00終了予定

■会場
㈱MS&Consultig セミナールーム
東京都中央区日本橋小伝馬町4-9 小伝馬町新日本橋ビルディング3F

Maps

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※当日は名刺を一枚お持ちください(受付で頂戴いたします)
※会場の席数の関係で定員になり次第締め切りとさせて頂きます、あらかじめご了承ください
※複数名でお申込みの場合、参加者全員分のお申込が必要となります(1社につき最大2名様まで)


※本セミナーは法人の方向けセミナーです。個人の方の参加はご遠慮ください

個人情報の取扱いに関する告知文

 当社ではお申込フォームから取得する個人情報の利用にあたり、下記の事項を明示します。

 a)      事業者の名称
株式会社MS&Consulting


b)      個人情報管理責任者の職名、所属及び連絡先
           連絡先名称:個人情報受付窓口
           個人情報管理責任者:経営管理本部 総務部長
           〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町4-9 小伝馬町新日本橋ビルディング
           TEL:03–5649–1185  E-MAIL:kojinjoho@msandc.co.jp

c)      個人情報の利用目的
当社へのお問合せについてのご回答及びご連絡のため

 
d)      個人情報を第三者に提供する場合
当社は、法令等による場合を除き、本人の同意を得ずに当フォームにてご提供いただく個人情報を第三者に提供することはありません。

 
e)      個人情報の取扱いの委託を行う場合
当社は、取得する個人情報について取扱の一部を外部に委託しております。

委託先に対しては情報セキュリティ・個人情報保護の観点から評価を実施し、必要に応じて契約書の締結を行っています。

f)       個人情報の開示等の請求について
当社は、開示対象個人情報について、利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止を求められた場合は、これに応じます。その場合の問合せ窓口は、上記個人情報管理責任者です。

g)      個人情報の提供の任意性
個人情報の提供は任意です。ご提供いただけない場合は、お問合せについて正確なご回答を行うことができない可能性があります。

h)      自動的な情報の取得
当社では、適切なご案内や統計分析等に利用するため、ご本人様が容易に認識出来ない方法(CookieやWebビーコン等)でアクセス情報を取得することがございます。