小児のための酸素療法実践ガイド



小児では、それぞれの換気量に合わせて、適切に酸素投与を行う必要があります。
患児の体重により1回換気量は変わり、換気量が違うと同じ酸素流量でも吸入酸素濃度が変化します。小児の場合、成人での常識がそのまま当てはまらないケースもあり、正しい知識と理解が大切です。

 〈CONTENTS〉
 ・低流量システムとは?
 ・低流量システムの酸素濃度の計算方法
 ・高流量システムとは?
 ・高流量システムのデバイスと設定方法
 ・小児酸素療法のポイント

下記フォームにご登録いただくと、ダウンロードしてご覧いただけます。

お客様に入力して頂いた氏名・住所・電話番号・E-mailアドレス等の個人情報は今後、弊社もしくは関係会社において、弊社が出展または主催する展示会・セミナーのご案内、弊社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び弊社営業部門からのご連絡などを目的として利用させて頂きます。弊社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者に提供することはありません。